skip to Main Content

個人情報保護方針

このウェブサイト(officialhospitality.tokyo2020.org、以下「本サイト」といいます。)は、STH Japan株式会社(以下「STH」といいます。)が運営しています。STHは、日本の法律に基づき設立された法人です。STHの登記上の事務所及び主たる営業所は、〒160-0013東京都新宿区霞ヶ丘町4-1日本青年館ビル8Fに所在します。STHは、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下「東京2020」といいます。)より、本サイト及び東京2020オリンピック公式ホスピタリティプログラムの運営を行う権利を付与されています。

東京2020は、本サイトを通じて提供を受ける個人情報及び本サイトを通じてSTHが収集する個人情報に関するデータ管理者です。

STH及び東京2020は、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)を遵守し、本方針に従って個人情報の保護に努めるものとします。

1.個人情報の取得と利用
STH及び東京2020は、利用目的を明らかにするなど適正な手続により個人情報を取得し、その目的以外には利用しません。

2.個人情報の安全管理
STH及び東京2020は、個人情報を正確かつ安全に管理し、紛失、改ざん及び漏えい等を防止するため、適切な対策を講じます。

3.個人情報の開示・訂正・追加・削除等
STH及び東京2020は、本人が識別される個人情報について、当該本人が開示、訂正、追加、削除、利用停止、消去等を求める権利を有していることを理解し、これらの要求がある場合は速やかに対応します。

4.委託先の監督
STH及び/又は東京2020が個人情報の取扱いの全部又は一部の業務を外部に委託する場合、STH及び/又は東京2020(該当する方とする。)は、その委託先に対し、個人情報の安全な管理を義務付け、必要かつ適切な監督を行います。

5.個人情報保護の徹底
STH及び東京2020は、個人情報保護法その他関連法令及びガイドラインを遵守するとともに、それぞれの役職員及び業務委託先その他関係者に個人情報保護の重要性を周知徹底し、個人情報保護に係る意識の教育及び啓発を図るものとします。

個人情報の取扱いについて

STH及び東京2020は、個人情報保護の重要性を認識し、以下に定めるところに従って、STH及び東京2020にご提供いただいた個人情報を適正に取り扱うものとします。

1.STH及び東京2020が取得する個人情報
STH

STHが本人から提供を受ける個人情報  本サイトの入力フォームへの記入、又は電話、電子メール若しくはその他の手段によるSTHとの連絡により、STHが本人から提供を受ける本人に関する個人情報をいいます。

STHが本人について収集する個人情報  STHは本サイトで一時的なクッキーを使用します。多くのウェブサイトでは、オンライン上のトラフィックの流れを追跡するために、ユーザーがウェブサイトを訪問する際にクッキーを使用しています。クッキーとは、ウェブサイトのコンピューターからユーザーのコンピューターブラウザに送られる、多くの場合一意の識別子を含む少量のデータで、ユーザーのデバイスのハードドライブに一時的に保存されます。クッキーから提供される情報は、STHが訪問者のプロフィールを分析し、より良いユーザーエクスペリエンスを提供するのに役立ちます。

詳細は、STHのクッキーポリシーをご覧下さい。

東京2020

東京2020は、2020年に開催される第32回オリンピック競技大会及び東京2020パラリンピック競技大会並びにフェスティバル、聖火リレー等の関連するイベント(以下総称して「本大会」といいます。)の準備及び運営並びにこれに関連したオンライン又はオフラインでの東京2020へのご連絡、ウェブサイトの利用、チケット・商品の購入、サービス利用、Tokyo 2020 IDへの登録、職員採用への応募、ボランティアへの応募、東京2020の実施する調査又はアンケート、本大会への参加の準備・運営等に関して個人情報を取得して利用する場合があります。東京2020が取得する主な個人情報は各種登録や購入手続に際して提供された氏名、住所、メールアドレス、支払情報などのように本人から直接提供された情報になります。

東京2020は、ウェブサイトの運用・改善及び分析の実行並びにカスタマイズされたサービス及び広告の提供のために、オンライン上でクッキーの利用や端末情報の収集を行う場合があります。クッキーの利用に関しては、「クッキーポリシー」に従います。

個人情報のうち必ず提供が求められる情報は、関連する入力フォームにその旨の記載がされます。必ず提供が求められる個人情報について該当する情報の提供が受けられない場合は、各種登録、購入手続又はその他の東京2020とのやり取りのためのリクエストにお応えすることができません。その他の情報の提供は、すべて任意です。

  1. 第三者から取得する個人情報
    STH

他の情報源からSTHが提供を受ける個人情報  STHは他の情報源から個人情報を取得する場合があります。例えば、本人がSTHグループ会社のウェブサイトで個人情報を提供している場合、STHは、これらのウェブサイトから個人情報を取得し、これを本サイトを介して本人から提供を受けた個人情報と統合する場合があります。またSTHは、支払サービスプロバイダー、信用情報機関、リストブローカー及び広告ネットワークなどの第三者と協力して業務を行うことがあり、これらの第三者から個人情報の提供を受け、STHが本人から提供を受けた個人情報と統合する場合があります。STHはこのように収集した情報を本個人情報保護方針に従って使用します。STHは、本サイト又はSTHのサービスに関心を持つと予想される事業体の基本的な調査として、公開されている様々な第三者情報源(例えばLinkedInなど)及びインターネット上で収集することのできる一般情報も利用します。STHはこのような調査を行う場合、会社連絡先情報(ビジネス用の電子メールアドレスなど)のみを収集します。例えば購入した商品のゲストに関する個人情報など、別の者に関する個人情報は、当該ゲストの同意のある場合にのみ提供するようにしてください。STHは、本個人情報保護方針に従い当該情報を使用します。

情報保護に関する適用ある日本法に基づき、STHは、他の情報源から提供を受ける個人情報の記録を保持することが求められ、個人情報の取得方法についてこれらの他の情報源に対し、所定の問い合わせを行うことがあります。この記録は適用ある法律に基づきSTHが維持します。従って、STHは、手続の一環として、他の者に関する個人情報を提供する者に、一定の問い合わせを行うことがあります。

東京2020

東京2020は、個人情報保護方針及び個人情報の取扱いについて(以下併せて「本ポリシー」といいます。)で定める利用目的に必要な範囲で、第三者から個人情報を取得する場合があります。また、東京2020のウェブサイトやアプリ上で「いいね」、「シェアする」等のソーシャルメディアに係るボタンがクリックされた場合には、そのソーシャルメディアから東京2020に個人情報が提供されることもあります。また、本人の許可に基づき、東京2020以外のウェブサイトやアプリの管理者が保有する個人情報を東京2020が取得する場合もあります。また、チケット、グッズやサービスのプロモーションの管理を行うために、委託業者から個人情報を取得する場合もあります。

また、本人が、国際オリンピック委員会(以下「IOC」といいます。)又は国際パラリンピック委員会(以下「IPC」といいます。)、国際競技連盟、国内競技連盟、他のオリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(Beijing 2022、 Paris 2024、LA 2028を含みます)、メディア、パートナー、サプライヤー、業務委託先、提携先、政府機関その他の本大会の準備又は運営に関与する公的団体又は民間団体の職員として本大会の準備又は運営に関与又は参加する場合には、東京2020はその所属団体から個人情報を取得することがあります。この場合には、STHが、本人が本大会の準備又は運営に関与又は参加するのに必要な範囲で個人情報を取得しますが、これには氏名、住所、性別、職業、所属、役職、経歴、納税者番号、電話番号、メールアドレス、国籍、パスポート番号、生年月日、顔写真、銀行口座、宿泊先、予定、障がいサポートの要否などが含まれることがあります。

3.個人情報の利用目的
STH及び東京2020は、個人情報を以下の利用目的の範囲内で利用します。

  • 本人との契約の履行又は契約締結のための準備のために必要な範囲での利用(以下を含みます。)

(1) 購入した第32回オリンピアード大会のチケットを含む会場内ホスピタリティパッケージ商品(以下、「東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージ」といいます。)の運営及び管理

(2) 本大会の運営及び管理

(3) チケット販売とチケット購入の管理とサポート

  • STHによる東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージの提供に必要な範囲での利用(以下を含みます。)
  • STHに要求のあった東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージに関連する情報、商品及びサービスの提供

(2) 東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージに関連する本人又は本人の事業とSTHとの関係の管理

(3) 東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージのサービスの変更の通知

(4) 東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージに関連するマーケティング活動の開発及び実施

(5) STHの顧客がSTHによる東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージを利用する方法に関する調査

(6) 東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージに関してSTH及び顧客にサービスを提供する他企業とSTHとの業務協力の管理

(7) 詐欺及びその他の犯罪の検知、調査、報告及び防止対策

(8) STHに適用される法令の遵守

(9) クレームへの対応及び解決の模索

(10) 合意書または契約書に定める権利の行使

(11) 東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージに関する業務の効率的かつ適切な方法による実施

(12) 東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージの購入者又は潜在的購入者に関する情報の本大会の期間中及びその終了後におけるIOCへの共有(以下の場合を含む)

    (a)オリンピックムーブメント・パラリンピック・ムーブメント又は将来のスポーツ・文化イベントのための本大会のレガシーまたは知識(以下「レガシー」といいます。)の承継として; 及び
    (b)IOCによる本大会に関する情報の送付に同意している場合に、IOCにより、オリンピック・ムーブメントの促進に関して当該情報の送付を受けるために(オリンピック・ムーブメントの活動に関する促進の情報に関するものを含むがこれに限らない)

(13) 本サイトの管理及び事業運営

(14) STHが可能な限り最善の方法で本サイトを提供できるようにするための本サイトの改善

(15) STHの取り組みの一環としての本サイトの安全性及びセキュリティの維持

(16) 東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージについて本サイトのユーザーの興味を惹く可能性のある提案及び提言

  • マーケティング  STH若しくは東京2020からのニュース及び情報の受け取りを登録する場合、又は本サイトを使用する場合、STH又は東京2020は、STH又は東京2020が保有する情報に基づきプロフィールを作成するため、個人情報を使用する場合があります。これはSTHが正確な情報の保有を確保するというSTH又は東京2020の正当な利益のために必要なことです。STH又は東京2020は、最高のエクスペリエンスを提供し、パーソナライズされたマーケティング情報及びニュースレターを送付するため、個別の好みに基づきプロフィールを作成することがあります。これは、STH又は東京2020がパーソナライズされたエクスペリエンスを提供し、最も関連性の高い商品を提供することを確保するというSTH又は東京2020の正当な利益のために必要なことです。STH又は東京2020によるマーケティング情報の送付(電子メール、テキスト、SMS、ソーシャルメディア、オンスクリーン・メッセージ/プッシュ通知によるものを含む。)に同意している場合、又は法律によりSTH若しくは東京2020がこれらの情報を同意なくして送付することが認められる場合、STH又は東京2020は、商品若しくはサービス、イベント及びプロモーションについてパーソナライズされたマーケティングメッセージを送付するため、それぞれ提供を受けた情報を使用するものとします。
  • 東京2020による本大会を開催その他東京2020の正当な利益の実現に必要な範囲での利用(以下を含みます。)

(1)本大会の準備、運営

(2)本大会に関連する本人との連絡(適用法令で同意が必要とされている場合には同意に基づく場合に限ります)

(3)東京2020のウェブサイトやTokyo 2020 ID等のオンラインサービスの提供

(4)東京2020のコンテンツ、サービス及びウェブサイトのモニタリング、改善及び保護

(5)イベント参加許可、入場許可、身分証(アクレディテーションカード)の発行等を含む本大会の安全確保

(6)東京2020が設置または運営する各会議体の審議、審査及び運営

(7)本大会に関連したイベント、プロモーションキャンペーン、セミナー、企画、展示、フォーラム又はフェアに関するご案内並びにこれらにおける本人確認及び運営

(8)第三者の開催する日本国内外のスポーツ又は文化関連のイベント、プロモーションキャンペーン、セミナー、企画、展示、フォーラム又はフェアに関するご案内

(9)東京2020又は本大会に関連する調査・研究及び活動報告、プレスリリース、撮影等の広報活動

(10)本人や本人の活動に関連した第三者からの各種問い合わせ対応

(11)東京2020の事業目的の達成のために第三者と締結した契約の履行

(12)本大会の入場許可証の管理、東京2020及び競技場その他関連施設への入退管理(アクレディテーションカード保有者の入場時の顔認証を含む)、監視カメラによるモニタリング

(13)本大会の管理及びオリンピック・ムーブメント、パラリンピック・ムーブメントの継続のための、本大会前、本大会期間中及びその終了後におけるIOC又はIPCその他の関連団体との情報共有

(14)IOC、IPC又はIOC若しくは当委員会が指定した団体に対する、オリンピックムーブメント・パラリンピック・ムーブメント又は将来のスポーツ・文化イベントのための本大会のレガシーの承継

(15)採用希望者、出向予定者及びボランティア応募者への連絡、管理その他の人材管理

(16)必要な範囲での法的主張、法令順守、規制対応及び調査目的での利用(法的手続又は訴訟に関連した開示行為を含みます。)

(17)前各号に関する本人との打ち合わせや連絡

  • 本人が同意した場合の同意した利用目的の範囲内での利用(以下を含みます。)

(1)電子メールによる本人へのダイレクトマーケティング(適用法令により本人の同意が必要な場合)

(2)第三者との間での個人情報の共有(適用法令により本人の同意が必要な場合)

  • 法令上に基づく個人情報の利用(以下を含みます。)

(1)東京2020の負う法的義務を果たすために個人情報を保持又は取得する必要がある場合における利用

(2)政府又は捜査機関の要求に応じる場合

4.同意の撤回
STH及び東京2020において本人の同意を根拠として個人情報を利用する場合には、本人はその同意を撤回することができます。ただし、同意が撤回された場合であっても、他の法的根拠に基づいて許容される範囲において個人情報を取り扱う場合があります。

本人の同意がない場合であっても、正当な利益がある場合など適用法令の認める範囲内で、ダイレクトマーケティングを実施することがあります。本人は、適用法令に認められた範囲内で、STH及び東京2020によるダイレクトマーケティングやそのためのコンピューター処理に基づく自動分析の中止を求めることができます。中止をご希望の場合には、電子メッセージに記載された所定の方法か、以下に記載のお問い合わせ窓口からのご連絡をお願いいたします。

  1. 個人情報の第三者への提供等
    STH及び東京2020は、本ポリシーで定める個人情報の利用目的に必要な場合に、IOC、IPC、日本オリンピック委員会(JOC)、日本パラリンピック委員会(JPC)又は東京都に対して個人情報を提供することがあります。特に、本大会前、大会期間中又は本大会終了後において、IOC、IPC又はIOC若しくは東京2020が指定する団体に対して、オリンピックムーブメント・パラリンピック・ムーブメント又は将来のスポーツ・文化イベントのため、レガシー承継の一環として、個人情報を提供する場合があります。

個人情報は、東京2020の第三者であるサービス提供者に対しても提供され、上記記載の利用目的の達成のために、STH及び東京2020に代わって取り扱われます。これらの第三者には、チケッティングサービス、ITインフラ、顧客管理システム、イベント運営、ウェブサイトホスティングサービス、解析サービス、セキュリティサービス、輸送サービス、機器・ソフトウェア・システムのメンテナンス、コールセンター、飲食サービス、宿泊サービス、医療サービス、Eラーニング等の研修・教育サービス及び本人確認業務の提供者が含まれます。また、大会の安全確保のため、東京2020は政府機関等に特定の個人に関する情報を共有又は照会させていただく場合があります。
STH及び東京2020は、本ポリシーで定める場合及び以下に定める場合その他適用法令の例外事由に該当し、それにより個人情報の第三者提供が認められることになる場合を除き、本人の同意を得ずに個人情報を第三者に提供しません。

  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき合併その他の事由による事業の承継に伴い個人情報を提供する場合
    本人の同意がない場合その他法律で定める例外事由に該当する場合を除いて、個人情報を日本国外へ提供することはありません。
  1. 本人の権利
    個人情報の開示、利用目的の通知、訂正、追加、削除、利用停止、消去又は第三者への提供の停止(以下「開示等」といいます。)をご希望の場合には、以下のお問い合わせ窓口へご連絡の上、東京2020が別途定める手続に従ってご請求ください。この場合において、東京2020は、個人を識別できる情報(氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレス等)により、本人であることを確認します。詳細については、以下の問い合わせ先へご連絡ください。ただし、以下の場合は個人情報の開示等に応じないことがあります。
  •  本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利・利益を害するおそれがある場合
  •  東京2020の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  •  他の法令に違反することとなる場合

また、個人情報の利用停止、消去又は第三者への提供の停止(以下「利用停止等」といいます。)に多大な費用及び労力を要する場合その他個人情報の利用停止等を行うことが困難であり、本人の権利利益を保護するため必要な代替措置を講じた場合には、適用法令に反しない限りにおいて、個人情報の利用停止等をお受けできないことがあります。

7.EUに居住している本人の権利
本人がEUに居住している場合には、STH及び東京2020に対して、自らの個人情報の複製を求めることができる権利、訂正を求めることができる権利、削除を求めることができる権利、個人情報の利用を制限する(いかなる利用も中止させる)ことができる権利を有しており、また、本人が契約のため又は同意によりSTH及び/又は東京2020に提供した個人情報を構造化された機械で読み込むことができるフォーマットで取得することができる権利(データポータビリティの権利)があります。また、一定の状況下においては、個人情報の利用に対して不服を申し立てることもできます。

これらの本人の権利は、例えば、本人の要求に従うことによって第三者の個人情報が明らかになってしまう場合、(東京2020を含む)第三者の権利を侵害することになる場合、法令上STH及び/又は東京2020に保存が求められている個人情報の削除を求められた場合、あるいは個人情報の保存につきSTH及び/又は東京2020に差し迫った正当な利益があるにもかかわらずその削除を求められる場合には、その行使が制限されることがあります。本人の権利に関する例外事由は、EU一般データ保護規則及びプライバシーに関する国内法に定められており、STH及び東京2020は、本人の権利行使の要求があった段階で、該当する例外事由について説明します。
本人の権利を行使する場合には、以下のお問い合わせ窓口からSTH及び/又は東京2020にご連絡ください。もし、解決されない場合には、居住地、勤務地又は違反発生地を管轄するEUデータ保護当局へ不服を申し立てることができます。

8.個人情報の保存期間
STH及び東京2020は個人情報を本大会の終了まで利用し(本人がSTH及び東京2020に個人情報の利用中止を求めることができる場合を除きます。)、本大会後においては、法的主張を受けた際の反論のため、又は法令上の義務を遵守するために個人情報の一部を保持することがあります。STH及び東京2020がIOC等その関連団体に対して個人情報を共有した場合には、その団体は、自らのプライバシーポリシーの定めに従って、本大会終了後においても個人情報を保有することがあります。

9.お問い合わせ先

STH お問い合わせ先(東京2020オリンピック公式ホスピタリティ事務局

STHの個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記までご連絡ください。

電話番号: 03-4500-2600
受付時間: 平日9:30~17:00

※土日祝日を除く

東京2020 お問い合わせ窓口

東京2020の個人情報の取扱いに関するお問い合せは下記までご連絡ください。

電話番号: 0570-09-2020(有料)
受付時間: 平日9:00~17:00

※土日祝日を除く

Back To Top