skip to Main Content

公式ホスピタリティ
会場

東京2020オリンピック
公式ホスピタリティが行われる会場は、
主に内陸部の「ヘリテッジゾーン」と
臨海部の「東京ベイゾーン」の
2つの会場群に分かれます。
Stadium filled to capacity with athletes competing

大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所JV作成/JSC提供
注)パース等は完成予想イメージであり、実際のものとは異なる場合があります。

「ヘリテッジゾーン」は、1964年の東京大会のレガシーを引き継ぐ会場を含み、
「東京ベイゾーン」は都市の未来を象徴する場所として、体操やテニス、水泳などの競技が開催されます。

人気のVIPクラスの観戦チケット付き公式ホスピタリティパッケージの
ご購入に関心のある方は今すぐご登録ください。
東京2020オリンピックで繰り広げられる熱いドラマと
ワールドクラスの卓越したホスピタリティを一緒にお楽しみください。

公式ホスピタリティ開催会場: ヘリテッジゾーンと東京ベイゾーン

Tokyo 2020 Olympic Venues

公式ホスピタリティ実施会場・実施競技

番号会場名競技名
1オリンピックスタジアム開会式・閉会式
陸上競技
2東京体育館卓球
3日本武道館柔道
空手
4馬事公苑馬術(馬場馬術、総合馬術、障害馬術)
5東京スタジアムラグビー
6有明体操競技場体操
7有明テニスの森テニス
8潮風公園バレーボール(ビーチバレーボール)
9東京アクアティクスセンター水泳 (競泳、飛込、アーティスティックスイミング、
水球: 東京辰巳国際水泳場)
10幕張メッセ Aホールテコンドー
レスリング
11さいたまスーパーアリーナバスケットボール
12霞ヶ関カンツリー倶楽部ゴルフ
13横浜スタジアム野球・ソフトボール
14埼玉スタジアム2002サッカー
15横浜国際総合競技場サッカー

※現在、バスケットボール、ビーチバレーボール、体操および卓球に関する
東京2020オリンピック公式ホスピタリティパッケージは、未定となっております。
これらのパッケージに関する詳細は、後日公開となります。

当パッケージに
関心のある方は
今すぐご登録を

Back To Top